2月8日19時より「種村国夫 展」を開催いたします!

ヴァーチャルギャラリーゲンフウケイによる企画「種村国夫 展」の開催です。
参加は下記のURLからお願いいたします。
clusterというアプリを使用いたします。

https://cluster.mu/e/e15340a1-1964-415d-b610-7955dbdd5781?fbclid=IwAR2RnOrXzzR6w0ReEO5oIJ2hf106pgSpWB4W44bgcghG2Xs3ksVdntGivYA

<プロフィール>
種村国夫

種村国夫は1943年、長崎県に生れ現在は東京を拠点に活躍。
平凡パンチ創刊時からイラストレーターとして活動。
その他、日刊ゲンダイ・日刊スポーツ・週刊文春など多数連載。
特に現在も連載中の、週刊文春「淑女の雑誌から」のイラストは大胆なエッチで、立派な紳士が鼻の下を長くして愛読している。
そして、同時に世界一周の客船に乗り、港の風景を描く「港シリーズ」も好評だ。
「女は港、男は船」は名言として語り継がれる。
港が荒れていると船は辿り着けないのである。
毎年個展にて作品を発表し、その作品を種村ファンは鼻の下を長くして待っている。
今回の作品は支持体にこだわらない自由な発想とセンス、昭和にタイムスリップさせるような作風で過去の作品を振り返る。
エッチでシュール、そして愛らしい作品。
種村国夫の「シュルエロリズム」の世界をこの機会に是非ご覧いただきたい。

漫画家集団同人
日本旅行作家協会常務理事
日本出版美術連盟会員

開催期間 02月08日(日曜日) 19時-23時

過去イベントの様子
https://www.youtube.com/watch?v=Lgp-S1xZQ-4&t=842s

主催 KATSUMI YAMATO /無一物
https://katsumiyamatomuichibutsu.com
企画・制作 from now on

<参加アーティスト>
・種村 国夫
http://www.you-more.jp/blog06021.html

(常設展)
・尾形 和美
https://o-kazu.wixsite.com/kazumi-ogata
・佐久間 ナオヒト
https://ehibi.com/
・安西 美樹
https://storyonline.jp/anzai-miki/
・ 二宮 千都子
https://note.com/chizuko_ninomiya

Virtual Gallery Genfukei presents “Kunio Tanemura Exhibition”.

<Profile
Kunio Tanemura

Kunio Tanemura was born in Nagasaki Prefecture in 1943 and is currently based in Tokyo.
He has been active as an illustrator since the first issue of Heibon Punch.
He has also written many serialized articles for Nikkan Gendai, Nikkan Sports, and Shukan Bunshun.
In particular, his illustrations for the weekly Bunshun “From a Lady’s Magazine,” which are still being serialized, are boldly naughty, and are read by respectable gentlemen with long noses.
At the same time, her “Port Series,” in which she depicts the scenery of ports aboard a cruise ship traveling around the world, is also popular.
A woman is a port, a man is a ship” is a famous saying that has been handed down from generation to generation.
If the harbor is rough, the ship can’t get there.
Every year, Tanemura presents his works in a solo exhibition, and his fans wait for his works with their noses in the air.
This time, Tanemura looks back at his past works in a style that takes us back to the Showa era, with his free ideas and sense of style that does not care about the support material.
The work is naughty, surreal, and lovely.
Please take this opportunity to see the world of Kunio Tanemura’s “surrealism”.

Coterie of Cartoonists
Managing Director, Japan Travel Writers Association
Member of the Japan Federation of Publishers and Artists

Period: Sunday, February 08, 19:00 – 23:00

Past Events
https://www.youtube.com/watch?v=Lgp-S1xZQ-4&t=842s

Organized by KATSUMI YAMATO / Muichimono
https://katsumiyamatomuichibutsu.com
Planning and production from now on

<Participating Artists
Kunio Tanemura
http://www.you-more.jp/blog06021.html

(permanent exhibition)
Kazumi Ogata
https://o-kazu.wixsite.com/kazumi-ogata
Naohito Sakuma
https://ehibi.com/
Miki Anzai
https://storyonline.jp/anzai-miki/
Chituko Ninomiya
https://note.com/chizuko_ninomiya

スタッフ向け機能
イベントへの参加方法
スマートフォン・PC・VR

アプリで楽しむ

clusterアプリをインストールしてバーチャルイベントに参加しよう!VRデバイスがあれば、より臨場感ある体験が可能です。

Windows・Mac
アプリをダウンロード

対応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です